編集長の目

「ポスドク貧乏」を見て見ぬ振りはできない

(2019.10.07 00:30)1pt
2019年10月07日号
坂田亮太郎

 この1年ほど私の中で静かに、怒っていることがあります。きっかけは、取材中にある若手研究者が漏らした一言でした。「今の状況じゃ結婚できません。子供なんて夢のまた夢ですよ」。その研究者は若手といっても30代後半で、地方の国立大学でポスドク(博士研究員)として研究に励んでいます。長身で、ルックスも良く、何よりもサイエンスに対する真摯な態度に好感を持ちました。出身地(東京)に長年付き合っている女性がいると聞いたので、「そろそろ結婚ですか」と聞いた答えが上の言葉でした。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

編集長の目のバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧