AI創薬の成否は「共通言語」の醸成から

 今から30年近く前の浪人生時代、私は東京・お茶の水の駿台予備校に通っていました。今なら信じられないような密集した教室の中で(隣の学生とは肘が触れてしまうような距離でした……)、数学の講師の言葉が今でも印象に残っています。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)