総裁選で議論してほしい感染症対策の中身とカネ

 東京パラリンピックが終盤を迎えた2021年9月3日(金)、菅義偉首相が次期総裁選に立候補しないことを突然、発表しました。オリンピック閉会式の中継で映し出された菅首相は、視線が宙を漂っていたように見えて、気掛かりでした。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)をめぐる対応が後手に回り、最近は野党はおろか与党からも批判が噴き出す始末。横浜市議からのたたき上げで、「平成おじさん」と(一時)人気もあった菅氏でしたが、第99代の内閣総理大臣はわずか1年余りで退陣を余儀なくされました。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)