もう、ワクチン接種を義務化するしかないのか

 先日、新型コロナウイルスに対する2回目の接種を終えました。打った後から左肩が徐々に痛くなり、翌日は発熱と倦怠感に苦しみました。39度近い熱にうなされながらも、私はある種の喜びを感じていました。「若い人ほど発熱しやすい」などという都市伝説を信じていたわけではありません。接種を完了したことで感染するリスクはかなり下がり、発症したとしても重症化する事態はほぼ回避できると実感したからです。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)