金の卵を産ませるためには、鶏を太らせるしかない

 たいへん不遜ながら、取材などで社長にお目にかかると「社員の給与を引き上げてほしい」とお願いするようにしています。ムッとされる場合もありますが、あえて申し上げるのは私なりに信念があるからです。それは、高い賃金を支払わなければ優秀な人材をそろえることはできないということ。「カネのために働いているのではない」とうそぶく人はいますが、私はそのような人を信用しません。心の底からそう思っている奇特な人がいたとしても、ごく少数でしょう。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)