科学技術研究を支援するムーブメントを広げたい

 ファーストリテイリングの会長兼社長を務める柳井正氏が、個人として京都大学に100億円を寄付すると6月24日に発表しました。京都大で開かれた記者会見では、本庶佑氏と山中伸哉氏という2人のノーベル賞学者の間で、柳井氏が誇らしげな表情で写真に収まりました。一報を聞いたとき、私は素晴らしいことだと素直に思いました。100億円という金額もさることながら、大学における基礎研究を支援していきたいという柳井氏の熱き思いに大いに共感したからです。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)