中国の遺伝資源規制は「正しく」怖がりたい

 中国政府は2019年7月1日、「中華人民共和国人類遺伝資源管理条例」を施行しました。1998年6月に公布した「人類遺伝資源管理暫定弁法」から20年近くの年月を経て、いよいよ遺伝資源の保護と管理に真剣に取り組み始めたと見るべきでしょう。ただ、中国が規制強化に動きだすと必要以上に騒ぎ立てる「自称中国通」もいるので、注意が必要です。本稿では現時点での私の考えを記したいと思います。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)