優秀な若手をアカデミアで“浪費”してはならない

 私には大学生と高校生の娘がいます。あと10年もすると「会わせたい人がいる」と言われる日が来るのかもしれませんが、父親としてはその瞬間どのような心境になるのでしょうか。ただ、お相手の職業が「アカデミアの研究者」と聞いたら、私の表情は恐らく凍り付くでしょう。法的に子の結婚を拒否する権利はありませんが、あえて火中の栗を拾わなくてもいいのではないかと思うからです。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)