編集長の目

非臨床部門を分社化した武田薬品の成算

(2017.05.29 00:30)1pt
2017年05月29日号
橋本宗明

 武田薬品工業は2017年5月15日、湘南研究所の創薬研究部門の一部を分社化して子会社を設立したことを発表した。武田薬品は4月に、湘南研究所で行っていた腎・代謝・循環器領域の研究プロジェクトをカーブアウトする形でスコヒアファーマを設立しており、それに次ぐ研究部門の分社化だ。今回設立した新会社では、創薬のコンサルティングや探索研究、候補化合物の最適化、非臨床試験などを手掛けるというから、製薬企業やバイオベンチャーなどからの研究のアウトソーシングの受け皿となる狙いだろう。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

編集長の目のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧