「PCR後進国」という汚名にはデータで応えよう

 5月6日にニコニコ生放送で配信された「安倍首相に質問!みんなが聞きたい新型コロナ対応に答える生放送」で注目の発言がありました。諸外国に比べてPCRの検査数が少ないことを受け、安倍首相は「保健所の業務過多、検体採取の体制に課題があるのは事実」と非を認めました。オンライン中継で生出演していた京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥所長は、PCRの能力を「今の10倍、100倍ぐらいに上げる」ことが必要と強調。安倍首相に対して、大学など研究機関にある機器や人員を活用することを提案しました。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)