再生医療への期待が絶望に変わらぬように

 5月4日に放送されたNHKスペシャル「寝たきりからの復活~密着!驚異の『再生医療』~」は、大型連休中だったこともあり、ご覧になった方も多いかと思います。番組では、事故で脊髄を損傷して首から下が動かせなくなった患者さんが、再生医療を受けると手足が動くようになり、ついにはつえ無しで歩けるようになった軌跡を丁寧に紹介していました。これまでの常識からすれば「奇跡」と呼べるような事例であり、そのような境遇の患者さんが身近にいる人にとって、大いに期待を抱かせる内容でした。3年間、密着取材したNHKの記者にも脱帽します。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)