「自分は未熟である」と自覚することが起点に

 21世紀先端医療コンソーシアム(日経BP)は2019年3月30日、東京都内で「21世紀先端医療シンポジウム~医療革命の方向性を知る」を開催しました(関連記事)。国立がん研究センター研究所長の間野博行氏が「がんゲノム医療の展開とAI応用」について解説し、神戸医療産業都市推進機構の福島雅典氏(医療イノベーション推進センター長)には「再生医療の原理と現状、課題、展望」について熱く語っていただきました。中でも私が特に印象に残ったのが、基調講演をお願いした本庶佑氏(京都大学高等研究院特別教授)の言葉です。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)