国内ベンチャーの存在感がじわりと高まる

 東京証券取引所は、2017年2月20日、癌領域の治療薬や支持療法の開発・販売を手掛けるソレイジア・ファーマ(東京・港、荒井好裕社長)のマザーズ市場への新規上場を承認した(関連記事1)。上場予定日は3月24日で、2017年第1号のバイオでの新規株式上場(IPO)となる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)