編集長の目

オートファジー研究でのリードを生かせるか

(2017.02.13 00:30)1pt
2017年02月13日号
橋本宗明

 今号の特集では「オートファジー創薬」を取り上げた。オートファジーは言うまでもなく東京工業大学の大隅良典栄誉教授に2016年のノーベル生理学・医学賞をもたらした研究テーマである。大隈栄誉教授が酵母においてそのメカニズムを発見したのは1990年代の初めだが、その後、マウスやヒトなど哺乳類の細胞を用いた研究が大きく進展し、様々な疾患との関わりも徐々に明らかになりつつある。そして、オートファジーが疾患にどう関わっているかを解明できれば、創薬標的の発見などにつながる可能性がある。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。

無料トライアルお申込み

編集長の目のバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧