薬事規制にもう改革は不要か

 厚生労働省の薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は2月2日、塩野義製薬が製造販売承認申請していたインフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」(バロキサビルマルボキシル)の承認を了承した。新規の作用機序を有する同薬は、2015年10月に先駆け審査指定制度の対象に指定されており、同制度の指定を受けた医薬品としては初めての承認となる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)