株価急上昇の反動で“サンバイオショック”に

 サンバイオと大日本住友製薬は2019年1月29日、慢性期脳梗塞を対象として米国で開発中の他家細胞医薬SB623のフェーズIIbについて、主要評価項目を達成できなかったことを速報結果として発表。「サンバイオショック」として株式市場を激震させる事態となっている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)