健康の「やる気スイッチ」はどこにあるのか?

 人間の行動を変えるのは、実に難しいものです。例えば私には2人の娘がいますが、「勉強しろ」といくら言っても全く耳を貸そうとしません。ところが長女は高2の夏休みにやりたい職業が定まった頃から目の色を変えて勉強するようになり、何とか志望する学科に合格することができました。一時は親が心配するほど睡眠時間を削って勉強していたので、「もっと早くから真剣に勉強しておけば良かったのに……」と愚痴りたくもなります。結局のところ、私には実の娘の「やる気スイッチ」さえも押すことができなかったのです。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)