2018年は半分を過ぎてもバイオベンチャーの上場がまだ無いように、日本でのバイオベンチャーの上場は引き続き低調なペースだ。これには、そもそもベンチャーの数自体が少ないとか、アーリーの投資額が足りていないとか、上場前段階の要因もあるが、上場時や上場後にも大きく3つの課題があると考えている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)