2018年6月にシカゴで開催された米臨床腫瘍学会(ASCO2018)では複数の抗体薬物複合体(ADC)の臨床試験の報告があったが、特に第一三共のADCのデータは印象的だった。同社のADCは、(1)抗体からの放出後の半減期が短い強力なペイロード、(2)1つの抗体当たり7から8個のペイロードを搭載できるリンカーという2つの特徴を有する。薬物抗体比率(DAR)が7から8というのはスイスRoche社のADCであるカドサイラのDAR3.5より格段に高く、抗原を発現している癌細胞を殺傷後、未使用のペイロードが周囲の癌細胞を殺傷するバイスタンダー効果を発現できる。このため、HER2低発現の癌細胞にも有効性を示すと期待できる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)