ゲノムの自己複製系を再現、殻が無くともゲノムは増える

 生命と非生命を分ける能力とは何か――。立教大学理学部生命理学科の末次正幸准教授は、生きた細胞が自らの遺伝情報を増やす自己複製能こそ、生命と非生命を分けている能力だと考え、長年、大腸菌や枯草菌など微生物のゲノムの自己複製について研究を手掛けてきた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)