(提供:ファイザー)
(提供:ファイザー)

 「パキロビッドパック」(一般名:ニルマトレルビル錠/リトナビル錠)は、米Pfizer社が開発した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療薬だ。2022年2月10日、厚生労働省が特例承認した。重症化リスク因子を有する軽症から中等症IのCOVID-19患者のうち、成人および12歳以上かつ体重40kg以上の小児を対象としている。1日2回、5日間連続で、ニルマトレルビルを2錠とリトナビルを1錠服用する。ニルマトレルビルは新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)のメインプロテアーゼ(3CLプロテアーゼ)を阻害することにより、ウイルスの複製を抑制するとされている。リトナビルはSARS-CoV-2に対する抗ウイルス活性を示さず、ニルマトレルビルの主要代謝酵素であるCYP3Aの阻害作用を有し、ニルマトレルビルの血漿中濃度を維持する。

 リトナビルがCYP3Aを阻害すること、ニルマトレルビルとリトナビルがCYP3Aの基質であることから、添付文書上では複数の医薬品が併用禁忌・併用注意とされている。主な併用禁忌の薬剤としては、高血圧治療薬の「レザルタス配合錠」(オルメサルタンメドキソミル・アゼルニジピン)や、抗凝固薬の「イグザレルト」(リバーロキサバン)などがある。

バイオテクノロジーの専門情報が毎日届く無料メルマガの登録はこちらから
「日経バイオテク」の無料試読のお申し込みはこちらからお進みください。