High Performance Liquid Chromatography(HPLC)は、固定相(カラム)や、カラムを流れる移動相に対する物質の親和性を利用して、物質を分離・検出する分析手法のこと。混合物に含まれる複数の物質を同時に定量可能で、再現性にも優れるため、化学や製薬、食品の分野などで幅広く利用されている。

 分析ではまず、分析対象物質を含む混合物を、移動相の液体にのせて、固定相であるカラムの中を移動させる。その間、混合物中の物質は固定相と相互作用し、固定相との親和性が高く相互作用が強い物質ほど、ゆっくりと固定相を流れる。逆に、移動相との親和性が強い物質は速く溶出するため、混合物中の複数の物質を、カラムの通過速度の違いによって分離できる。

 次に、分離された各物質を検出器で検出・定量する。目的とする試料に応じて様々な検出器が使用される。中でも、紫外線や可視光の吸光度を用いて物質を定量する紫外可視分光検出器が広く使用されている。