OTC医薬品は、薬局やドラッグストアで消費者が自由に選択して購入できる市販薬のこと。単にOTCと表現することもある。販売に際しては薬剤師や登録販売者が情報提供したり、相談に応じたりすることが義務付けられている。OTCは、カウンター越しに購入できることを表す「Over The Counter」の略。医薬品のうち医師によって使用されるものや、医師による処方箋や指示の下で使用されることを目的として供給されるものは医療用医薬品と呼ばれ、OTCと区別される。

 OTCは、要指導医薬品と一般用医薬品の2つに大別される。要指導医薬品は、医療用医薬品から市販薬に転用されて間もない薬を指す。副作用や相互作用などの安全性の観点から、取り扱いに十分な注意を要するため、インターネットでの販売はできない。一般用医薬品は、注意を要する順に、第1類、第2類、第3類医薬品に分類され、いずれもネット販売できる。

 医療用医薬品のうち、薬理作用が比較的穏やかで、長期間の使用で安全性が確認されたものは、OTCに転用される場合がある。これらはスイッチOTCと呼ばれる。スイッチOTCの候補となる成分は、厚生労働省の「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」で議論される。