生物やウイルスなどの生命体の遺伝情報が塩基配列として記録・保存されている高分子物質である核酸の2種類のうちの1つ。核酸は、ヒトを含む真核生物にて遺伝情報が詰まっている核に多く存在する酸性物質として見いだされたことから名付けられた。もう1つの核酸は、DNA(Deoxyribonucleic Acid、デオキシリボ核酸)。ヒトを含む生物では、遺伝情報はこのDNAの塩基配列として記録・保存されているが、一部のウイルスやウイロイド(植物病原体)などではRNAが遺伝情報物質として使われている。

 新型コロナウイルスはRNAを遺伝情報物質として利用するRNAウイルスだ。ウイルスやウイロイドは、自身が持つ遺伝情報のみでは生命活動を維持できないため、生物ではないとされている。

 生物では、DNAの塩基配列情報がRNAの塩基配列情報に「転写」され、RNAの塩基配列情報を基に、生物の主たる機能分子である蛋白質がリボソームで合成される(この手順は翻訳という)。この一連の流れはセントラルドグマと呼ばれる。塩基配列情報を記録・保存する役割が主たる機能であるDNAとは異なり、RNAは立体構造を取って、生体内における反応を触媒する機能も担っている。また、一部のRNAはヒトが摂食したときにうま味として感じるため、RNAを多く含む酵母などは調味料として利用されている。