トランスポゾンは、ゲノム上を自由に移動できる転移性の遺伝子(塩基配列)のこと。生物において、遺伝子発現を調節するなどの役割を果たすことが分かっている。遺伝学や分子生物学などでは、遺伝子を導入するためのベクターや、突然変異体を作製するための変異原として利用される。

 トランスポゾンは、DNA断片がゲノム上のある領域から切り取られて、別の部位に直接転移するトランスポゾン(狭義)と、一度転写したトランスポゾンのmRNAを基に、逆転写によって作られたDNAが転移するレトロトランスポゾンの2つに大別される。いずれも、トランスポゾン自体がコードする酵素であるトランスポザーゼによって転移が進行する。

 レトロトランスポゾンは、ゲノム中に元の遺伝子を残しつつ、複製されたDNAが他の部位に転移・挿入されるため、ゲノム中に蓄積する性質を持つ。これまでの研究から、神経変性疾患など、様々な病気の発生原因と考えられている。