日経バイオテクでは、読者の皆さまからの寄稿を募集しています。実名でも、匿名でも構いません。いずれの場合でも原稿料をお支払いします。ここではキラリと光る寄稿をご紹介します(セレクション:坂田亮太郎)。