キーワード

古細菌(アーキア)

(2020.02.17 00:39)
2020年02月17日号

 生物の主要な系統の1つ。真正細菌(バクテリア)、真核生物と共に、全生物界を3つに分類した3ドメインのうちの1つ。古細菌には多様な微生物が含まれ、代表例はメタン菌や高度好塩菌、高度好熱菌など。「肉眼で存在が判別できない生物」を意味する微生物には、真正細菌や古細菌の他に、真核生物である菌類の仲間がある。

 生命の基幹部分であるDNA複製に関与する酵素群は、古細菌では細菌と全く異なり、真核生物に類似している。また細胞壁を構成する脂質も、古細菌と細菌では異なる。古細菌はグリセロールにイソプレノイドアルコールがエーテル結合した脂質骨格を持つ。細菌と真核生物の細胞膜にはグリセロールに脂肪酸がエステル結合したリン脂質が使用されている。

 また、真核生物は細胞核やミトコンドリアなどの細胞小器官を持つが、古細菌は細菌と同じく核を持たない原核生物で、細胞小器官を持たない。

 生物の進化から見ると、真核生物は古細菌から進化し、真核生物の細胞小器官は真正細菌に由来することが分かっている。

バイオベンチャーや新薬開発の最新情報をワンストップで提供
まずは無料トライアルでコンテンツの中身をお確かめください

※ ONLINE2週間無料トライアル / ニューズレター無料見本誌がお申し込みいただけます。

キーワードのバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧