疾患の発症や、症状の重篤化を予防する目的で投与する、体内に免疫をつくるための抗原のこと。一般に、感染症の発症や重篤化の予防を目的とした、弱毒化、あるいは無毒化した抗原(病原体や毒素)などが知られている。

 特に、感染症に対するワクチンは、病原体の毒性を弱めたものである生ワクチンと、病原体や病原体の持つ毒素を無毒化した不活化ワクチンの2つに大別される。

 ワクチン(抗原)に対する宿主の免疫反応を増強する化合物は、アジュバントと呼ばれる。これまでの研究から、免疫担当細胞が病原体などの異物を認識する受容体に対するリガンドなどが、アジュバント活性を持つことが分かっている。現在、複数のモダリティで研究開発が進められている。