1993年にノーベル化学賞の授賞対象となったポリメラーゼ連鎖反応法(PCR法)を用いて、RNAの塩基配列情報に対応したDNAとして増幅する手法。最初に逆転写酵素(略称:RT)をRNAに作用させてRNAの塩基配列情報に対応した塩基配列を有するDNAを合成し、次いでDNAポリメラーゼを用いてDNAを数百万倍以上に増幅する。増幅したDNAの塩基配列情報をDNAシーケンサーで読み取ることができ、また増幅DNAの量を調べることで特定の塩基配列情報を持つRNAがもともとどのくらいの量存在していたかを把握(定量)できる。

 ヒトを含む多くの生物では、ゲノムのDNAの塩基配列に書き込まれた遺伝情報は、いったん対応する塩基配列のRNAが合成(転写と呼ぶ)された後、対応するアミノ酸配列を持つ蛋白質が合成(翻訳と呼ぶ)される。そのため、RT-PCR法を用いると、ゲノムDNA中の特定の遺伝子がどのくらい転写されているかを調べる遺伝子発現解析に用いることができる。