キーワード (FREE)

イオウ化合物

(2019.06.24 00:38)
2019年06月24日号

 原子番号16、分子量約32のイオウ(硫黄)元素を含む化合物。イオウ元素は、自然環境、食物、生体に豊富にあり、抗酸化や多様な生理活性に関わることが知られている。

 東北大学大学院医学系研究科の赤池孝章教授らは、イオウ含有アミノ酸のシステイン(CysSH)に、さらにイオウが付加されたシステインパースルフィド(CysSSH)などのイオウ化合物(活性イオウ分子種)が代謝で生成し、生体内に多量に存在することを見いだした。CysSSHを合成する新規酵素として翻訳関連酵素cysteinyl-tRNA synthetase(CARS)を同定し、特にミトコンドリアに発現しているCARS2が産生するCysSSHやその代謝物が、エネルギー産生の過程で電位受容体としてミトコンドリアの膜電位形成に関与していることを突き止めた。ヒトを含む哺乳類が硫黄代謝物を利用した新規なエネルギー産生系(「イオウ呼吸」と命名)を持つことを発見した成果で、2017年10月にNature Communications誌にて発表した。新しいイオウ呼吸のメカニズムの発見は、老化防止・長寿対策、肺気腫や心不全などの慢性難治性呼吸器・心疾患、癌の診断・予防・治療薬の開発につながると期待される。

バイオベンチャーや新薬開発の最新情報をワンストップで提供
まずは無料トライアルでコンテンツの中身をお確かめください

※ ONLINE2週間無料トライアル / ニューズレター無料見本誌がお申し込みいただけます。

キーワードのバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「多様化する核酸医薬のモダリティ」
    2019年11月21日(木)開催!核酸医薬の研究開発が世界的に本格化。モダリティの多様化も進んでいる。日本発の核酸医薬が、果たして世界市場で存在感を示すことはできるかーー。その可能性を探る。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧