加齢により網膜の中心部にある黄斑に障害が生じ視力が低下する疾患。その発症機序から、萎縮型と滲出型に大別される。

萎縮型AMDは網膜組織が老化に伴って萎縮し視力が低下する。滲出型AMDでは網膜の下に存在する網膜色素上皮(RPE)細胞と脈絡膜の間に異常な血管新生が起こり、出血や血液成分の漏出によって浮腫が生じ、視力が低下する。滲出型AMDは進行が速く、適切な治療を行わなければ失明することもある。

 滲出型AMDの治療としては血管内皮増殖因子(VEGF)阻害により血管新生を抑制する薬剤の眼球への注射投与や、光感受性物質を点滴後、新生血管に到達した際に弱レーザーを眼に照射し新生血管を縮小させる光線力学的療法(PDT)などがあるが、再燃することも多く、根治は不可能だ。

 現在、大日本住友製薬とヘリオスは共同でAMDを対象とした他家のiPS細胞由来RPE細胞の開発を進めている。既存の治療は継続する必要があるが、iPS細胞由来のRPE細胞を患部に移植することで、単回投与で治療が完了することも期待される。

 リボミックは、血管新生や網膜の線維化に関わる因子であるFGF2を標的としたアプタマー製剤を開発中だ。