DNAポリメラーゼと呼ばれる酵素を用いて標的DNAを1反応ごとに2倍に増幅するポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法のうち、標的の塩基配列を有する核酸(DNAやRNA)の量を把握できる定量PCR(qPCR)法の1つ。1993年にノーベル化学賞の授賞対象となったPCR法は、微量なDNAを増幅して検出できるが、DNAの増幅反応を終えた後の産物量のみを把握するため、増幅前の核酸量の正確な把握は難しい。リアルタイムPCRでは、増幅した核酸に蛍光ラベルが付くように工夫して、増幅当初からのDNA量の変化を実時間(リアルタイム)で把握することにより、当初の核酸量を正確に把握できる。リアルタイムPCR法に続くqPCR法として、絶対定量が可能なデジタルPCR法も登場した。リアルタイムPCRの反応液を多くのウエルに分画してからPCR反応を行い、反応終了後に、標的分子を含む陽性ウエルと、含まない陰性ウエルの数を測定することにより、内部標準など無しに絶対定量を行える。