キーワード (FREE)

セルソーティング

(2019.03.25 00:42)
2019年03月25日号

 セルソーターと呼ばれる装置を用いて、特定の細胞を分取(sorting)すること。細胞を連続的に移動する微小な液滴の中に閉じ込め、液滴にレーザー光を利用した励起光を照射する。生じる回折光や蛍光の波長などから、目的としている細胞を選び取る。細胞を蛍光抗体で標識して、特定の表面抗原を発現しているリンパ球の含有量を測定したり、そのまま分取したりすることも可能となった。セルソーティングは細胞生物学やゲノム生物学の実験手法として広く利用されている。

 最近は他分野に応用する動きも出てきた。例えば、海底熱水鉱床の分布に深く関わっている鉄マンガン酸化物微粒子(微小マンガン粒)は直径が数ミクロンで、鉱物粒子の中で0.01%しか存在しない。従来は、分析するためにより分けるのも難しかった。そこで微小マンガン粒を細胞に見立て、土壌中に含まれる様々な鉱物粒子の中からより分けるのにセルソーティングを応用した。実際には、比重分画技術なども組み合わせることで、最大で95%純度の微小マンガン粒を選択的に回収することが可能となった。

バイオベンチャーや新薬開発の最新情報をワンストップで提供
まずは無料トライアルでコンテンツの中身をお確かめください

※ ONLINE2週間無料トライアル / ニューズレター無料見本誌がお申し込みいただけます。

キーワードのバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「多様化する核酸医薬のモダリティ」
    2019年11月21日(木)開催!核酸医薬の研究開発が世界的に本格化。モダリティの多様化も進んでいる。日本発の核酸医薬が、果たして世界市場で存在感を示すことはできるかーー。その可能性を探る。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧