キーワード (FREE)

VLP

(2019.02.25 00:44)
2019年02月25日号

 Virus Like Particleの略で、ウイルス様粒子を指す。微生物や昆虫細胞、植物を宿主にカプシドと呼ばれる外殻蛋白質などの遺伝子を導入することで、VLPを大量に作製できる。

 ウイルスは、カプシドの内側にDNAやRNAなどを保持している。一方でVLPは、カプシドを持つが、DNAやRNAを持たない。そのため、VLPを抗原としたワクチンが開発されている。VLPは体内に入ると、樹状細胞やマクロファージなどの抗原提示細胞に貪食され、免疫原性を示す。

 現在、商業化されている代表的なVLPワクチンには、MSDの子宮頸癌の予防ワクチン「ガーダシル」、グラクソ・スミスクラインの同「サーバリックス」などがある。

 また、田辺三菱製薬が、同社の子会社であるカナダMedicago社と共同で、植物由来のVLPワクチンの開発を手掛けている。Medicago社のVLPワクチンは、植物で大量に増やす。田辺三菱は、インフルエンザや、ロタウイルス胃腸炎を対象とした植物由来VLPワクチンの開発を行っている。

バイオベンチャーや新薬開発の最新情報をワンストップで提供
まずは無料トライアルでコンテンツの中身をお確かめください

※ ONLINE2週間無料トライアル / ニューズレター無料見本誌がお申し込みいただけます。

キーワードのバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「多様化する核酸医薬のモダリティ」
    2019年11月21日(木)開催!核酸医薬の研究開発が世界的に本格化。モダリティの多様化も進んでいる。日本発の核酸医薬が、果たして世界市場で存在感を示すことはできるかーー。その可能性を探る。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧