キーワード (FREE)

スフェロイド

(2019.02.11 00:42)
2019年02月11日号

 細胞同士が凝集した3次元の集合体のこと。底面が低吸着性のウエルプレートに細胞を播種して培養すると、細胞が凝集し、スフェロイドになる。細胞の種類によって、スフェロイドへのなりやすさが異なる。

 培養のしやすさから多くの細胞は、吸着性を持つウエルプレートの上で2次元の単層状態で培養される。ただ、生体内では、細胞は3次元状態で存在しているため、スフェロイドの方が、より生体内に近い表現型を示すとされる。そのため、癌細胞のスフェロイドに薬剤を添加して生存率を解析するなど、スフェロイドが薬剤のスクリーニングなどに活用されている。

 その他にも、再生医療や創薬研究のために、スフェロイドそのものを集積させ、立体的な組織や臓器を作製する技術の開発も進む。スフェロイドは、大きくなり過ぎると細胞内部に必要な栄養分や酸素が行き渡らないため、サイズを調整したり、大きくなったスフェロイドの内部に十分な栄養分や酸素を行き渡らせるような培養の工夫が必要とされる。

バイオベンチャーや新薬開発の最新情報をワンストップで提供
まずは無料トライアルでコンテンツの中身をお確かめください

※ ONLINE2週間無料トライアル / ニューズレター無料見本誌がお申し込みいただけます。

キーワードのバックナンバー

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「多様化する核酸医薬のモダリティ」
    2019年11月21日(木)開催!核酸医薬の研究開発が世界的に本格化。モダリティの多様化も進んでいる。日本発の核酸医薬が、果たして世界市場で存在感を示すことはできるかーー。その可能性を探る。
  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧