あらかじめ作製した設計図に基づいた場所に、自動で細胞を積層させる装置のこと。組織や構造体を作製する目的で利用される。手作業で、細胞を積層させて組織や構造体を作製するのは時間がかかり非効率だ。また、細かい作業であるため、思った通りの場所に細胞を配置するのは難しいとされる。細胞を利用して組織や構造体を作製できれば、創薬研究で薬効の評価や毒性評価に利用できる。また、将来的には治療用の組織や構造体を作製できる可能性がある。

 国内では、バイオベンチャーのサイフューズ(東京・文京、秋枝静香社長)が、あらかじめ指定した場所に細胞塊を配置することで、3次元の構造体を作製できる3Dバイオプリンターの開発と販売を手掛けている。またリコーは、インクジェットの技術を利用し、細胞を細胞用のインクと混合させてインクジェットで吐出し、細胞を3次元に配置する装置の開発を手掛けている。