印刷する

閉じる

キーワード

非ウイルス性遺伝子治療

(2018.12.03 00:43)1pt
2018年12月03日号

 遺伝子を効率的に細胞に導入するため、通常は病害性を無くした無害化ウイルスを用いる。ウイルスの感染機構を利用しているので目的の蛋白質を細胞内で発現させる効率は高いが、もともとはウイルスなので安全性の問題は払拭できない。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み