植物や動物の集団全体に、特定の(変異型)遺伝子を広げる遺伝子工学技術のこと。

 通常、野生の植物や動物の集団では、変異型の形質が遺伝する頻度は低い。そこで、高い頻度で変異型の形質が遺伝するように利用されるのがジーンドライブだ。自然界にも、特定の遺伝子を高い確率で子孫に伝える方法が幾つかあるが、昨今、ゲノム編集技術の開発で人工的により強力に機能させられるようになった。変異型遺伝子と、Cas9蛋白質、ガイドRNAをセットで発現する遺伝子群を持つ個体を作出し、集団が持つ野生型の遺伝子を世代を経て置き換える方法が研究されている。

 メカニズムはこうだ。改変したい野生型(標的)遺伝子に対するガイドRNAを設計。変異型遺伝子と、Cas9、ガイドRNAを発現する遺伝子群を保有する個体を作り、それが野生型の個体と交配すると、ガイドRNAによってCas9が野生型遺伝子を切断。変異型遺伝子を鋳型として、野生型の個体に変異型遺伝子がコピー、修復される。この結果、野生型の個体のゲノムに変異型遺伝子とCas9、ガイドRNAをセットにした遺伝子群が挿入される。交配を続けると、標的とした野生型遺伝子を保有する個体が減少する。海外では、ジーンドライブを利用し、マラリアやデング熱などを媒介する蚊の形質を変え、ヒトへの感染を防ぐ方法が検討されている。