作物を繁殖性で分類すると、栄養繁殖性作物と種子繁殖性作物に分けることができる。栄養繁殖性作物は、植物体の一部を植え付けることにより新たな株を育てる(=繁殖する)ことができるもの。繁殖に用いる植物体は、養分の貯蔵器官や根、茎、葉などの栄養器官。栄養繁殖は、広義では無性生殖と同じ意味に用い、配偶子や胞子のような特別の生殖細胞によらない生殖をいう。胚・種子を経由せずに栄養器官から、次の世代の植物が繁殖できる。種子繁殖力が低い高次倍数体では一般的な繁殖様式として知られる。農業でも作物の種苗生産に広く用いられ、イモ類や球根の例がある。

 一方の種子繁殖性作物は、交配で生産される種子で繁殖する作物。販売種子生産に用いる親の純系系統を元にして生産される一代交配種(F1)が品種として広く利用され、種苗会社が独占的に供給しやすい。

 種子繁殖性作物では、ゲノム編集に用いるツールをいったんゲノムに組み込んでも、交配で得られる次世代においてはこのツールを含まない「ヌルセグリガント」がおよそ半分の確率で得られる。栄養繁殖性では、交配によるヌルセグリガントの取得は行えない。