電子診療情報、電子診療録、電子カルテのこと。医療機関では従来の紙のカルテ(診療録)に代わり、作業効率を高めるため検査の発注(オーダー)、医薬品の処方、画像を含めた検査結果の管理など診療記録に加え、診療報酬請求や会計情報まで電子化が進んでいる。EMRは基本的に、医療機関で働く関係者が業務のために閲覧・共有する仕組みであり、異なる医療機関で共有することは前提とされていなかった。

 しかし、近年では、個々人の生涯にわたる健康・医療情報を蓄積し、それを医療機関のネットワークで共有・活用して、効率的に患者に適切な医療を提供できるようにする電子健康記録(EHR:Electric Health Record)を構築する動きが広がっている。さらに、患者自身が自らの健康を管理する目的で、健常時からの運動実績や体重、血圧などの情報、受診した医療機関の診療録や服薬履歴などを集めて閲覧できるようにする個人健康記録(PHR:Personal Health Record)の構築を目指す動きもある。