糖鎖特異的に結合する蛋白質であるレクチンを薬物キャリアとする薬物融合体のこと。筑波大学医学医療系の大河内信弘教授などと産業技術総合研究所の浅島誠名誉フェローなどの研究グループが共同で開発した。現在、製薬各社が競って開発を進めている、抗体を薬物キャリアとする抗体薬物複合体(ADC)と比較した場合、抗体が動物細胞を利用して生産する必要があるのに対し、レクチンは微生物を用いて生産できるため安価に製造できるのが特長だ。

 全ての細胞表面で膜蛋白質などが糖鎖修飾されているため糖鎖が表出しており標的としての数も多いが、糖鎖構造が複雑なことなどから、薬物キャリアとしての開発はこれまで行われてこなかった。