外来遺伝子を一度導入した生物個体を交配して得られる後代のうち、導入した外来遺伝子を持たない分離個体(セグレガント、segregant)のこと。ヌル(null)は「無」を意味する。

 外来遺伝子を含まないことから、栽培・養殖や食品など製品としての利用の場において、一般生活者らの理解を得やすいと考えられている。また、外来遺伝子を含まないため、遺伝子検査などにより、国境を超えた製品の流通時における水際検査を行う際にも、検出が難しいことが多い。ゲノムの塩基配列情報を高速で読み取れる次世代シーケンサー(NGS)の技術進展により、ヌルセグレガントを保証するコストも低減してきた。

 第3世代のゲノム編集ツールであるCRISPR/Cas9により、受精卵などのゲノムを編集する場合には、Cas9蛋白質とガイドRNAの複合体を細胞の中に入れるとゲノム編集を行える。この場合、Cas9蛋白質をコードするDNA(=外来遺伝子)を用いないため、外来遺伝子が導入されることが一度も無くゲノム編集を実施できる。植物では多くの場合、いったんCas9蛋白質をコードするDNAを植物のゲノムの中に導入してゲノム編集を行うため、外来遺伝子を含まないヌルセグレガントは後代にて取得する。

 植物でも、細胞壁を失わせたプロトプラストの状態にしておけば、Cas9蛋白質とガイドRNAの複合体の導入によりゲノム編集を実施できる。ただしこの場合、プロトプラストから通常の植物体に再分化することが必要。プロトプラスト化と再分化の技術の重要性が改めて認識されるようになってきた。