外来抗原を組み込んだ組換えウイルスのこと。ウイルスをベクターとして利用し、患者の体内で外来抗原の蛋白質が発現し、その抗原に対する免疫が誘導される。

 癌領域では抗腫瘍免疫を高めるワクチンとして、感染症領域ではウイルス感染に対する免疫を高めるワクチンとして、研究開発が行われている。

 ワクシニアウイルスや水痘ウイルスなど、ヒトに対して病原性が低いものや、抗ウイルス薬があり増殖しても制御できるウイルス、遺伝子導入のためのプロモーターなどが設計されているウイルスがベースに使われるケースが多い。