Immune(免疫)+ome(全体)を語源に持ち、生物、特にヒトなど哺乳類の免疫系全体を指す。免疫に関わる蛋白質とその遺伝子全体のこと。例えば、自己抗体とその遺伝子、白血球に発現する受容体とその遺伝子などや免疫反応に伴うサイトカインなど。

 生物の遺伝子全体の情報をゲノム(gene+ome)、mRNA全体のことをトランスクリプトーム(transcript+ome)、発現している蛋白質全体をプロテオーム(protein+ome)と呼び、それぞれを網羅的に解析する技術や研究のことを、それぞれゲノミクス、トランスクリプトミクス、プロテオミクスと呼ぶのと同様に、イムノームを網羅的に解析する技術や研究を、イムノミクスと呼ぶ。免疫学領域の研究が急速に進展していることを受けて、イムノーム解析の研究が本格的に立ち上がろうとしている。

 イムノームの解析は、ワクチンの研究開発や効果予測に役立つと考えられている。例えば、健常者やワクチンなどを投与した前後の被験者の血清中から自己抗体や白血球などを分離。抗体の種類や白血球の表面上に発現する受容体の種類を解析することで、新規の抗原の探索を行う研究が実施されている。