2020年に向けて、特許が満了する抗体医薬のバイオ後続品の開発が活発化している。開発コストが大きい抗体医薬の後続品ではグローバルにおける開発・販売戦略が不可欠。「早く、安く、良好な」後続品を使用するため規制調和や使用促進の環境づくりも必要だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)