日経バイオテク12月21日号「審査報告書を読む」

サイラムザ点滴静注液(日本イーライリリー)

同一の標的に作用する新薬が続々、複雑化する臨床上の位置付け
(2015.12.24 00:00)1pt
2015年12月21日号
軒原浩=国立がん研究センター中央病院院長

 今回は、2015年3月に治癒切除不能な進行・再発胃癌を効能・効果として承認された「サイラムザ点滴静注液」(一般名:ラムシルマブ)を取り上げる。悪性腫瘍の進展においては、血管新生が必要とされ、腫瘍血管の新生には血管内皮増殖因子(Vascular Endothelial Growth Factor:VEGF)が重要な役割を果たしていることが知られている。VEGFは主に血管内皮細胞表面にある血管内皮増殖因子受容体(Vascular Endothelial Growth Factor Receptor:VEGFR)にリガンドとして結合し、細胞分裂や遊走、分化を刺激したり、微小血管の血管透過性を亢進させたりする働きを持つ。VEGFまたはVEGFRを標的とした薬剤は既に幾つか承認されているが、ラムシルマブも抗VEGFR2抗体であり、今回は、血管新生阻害薬におけるラムシルマブの位置付けを考えてみたい。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

審査報告書を読むのバックナンバー

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧