日経バイオテク12月21日号「World Trendグローバル」

バイオ燃料、オランダの排出量を相殺

業界団体が温暖化ガス削減効果を試算
(2015.12.24 00:00)1pt
2015年12月21日号
平崎誠司

 地球温暖化の抑止を目指し2015年12月にパリで開かれたCOP21(気候変動枠組条約第21回締約国会議)では、先進国のみならず途上国も含めた二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの排出抑制が話し合われた。バイオ分野で温暖化対策に最も関係のあるのはバイオ燃料だが、その業界団体はCOP21開催に合わせ、バイオ燃料の温暖化抑制効果をアピールした。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧