血友病Aは、X染色体にある第VIII因子遺伝子変異により発症する、難治性の先天性出血性疾患だ。現在は、患者が出血した際に凝固因子製剤を利用する治療が行われているが、重症患者では凝固因子に対する抗体(インヒビター)が発生することがあり、治療が極めて困難なケースもある。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)