2015年11月末に発表された米製薬大手Pfizer社とアイルランドAllergan社の合併合意は、製薬大手における税制の問題にあらためてスポットを当てることとなった。なぜビッグファーマはアイルランド企業との合併を目指すのか、その背景を探る。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)