オンコリスバイオファーマが復活の機会をうかがっている。同社は2013年に東証マザーズに上場した。当時はHIV感染症治療薬OBP-601で米Bristol-Myers Squibb(BMS)社と大型契約を締結しており、華々しい登場だった。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)